vaho
vaho
vaho
街頭を飾るバナー広告、自転車タイヤのゴムチューブ、コーヒー豆の麻袋・・・
日々消費されて役目を終えるこれらのものから
生活に刺激と豊かさを与えてくれるものを生み出していく。
このコンセプトに基づいて生まれたスペインのブランド、それがvaho(バオ)です。

1992年のバルセロナ・オリンピックを機に、バルセロナ市は街頭広告を作り始めました。
一流のデザイナーによって作られる広告の数は1回のキャンペーンで400枚ほど。
掲載期間は4週間~6週間と短く、掲載が終われば廃棄処分となります。
塩化ビニル製の広告が次々に燃やされると環境にも悪影響。
そこで1996年、バルセロナに住む2人の大学生は考えました。
「丈夫でデザイン性の高いこの広告を、ただ燃やしてしまうのはもったいない。
何かに活用できないだろうか?」
こうしてスペインのリサイクルバッグは誕生したのです。
2001年に設立されたvaho(バオ)は、現在バルセロナ市内に5店舗の直営店を展開しています。

商品は8つのカテゴリーで豊富なラインナップ。
活動的なあなたにぴったりの「メッセンジャー」、キュートな「ガール」、
ビジネスシーンをカラフルに彩る「オフィス」、旅行にはもちろんジム通いにも最適な「トラベル」、
軽快な街歩きには「アーバン」、便利な小物シリーズの「ガジェット」、
斬新な素材で軽さが魅力の「インナーチューブ」、ざっくりとした風合いがお洒落な「コーヒー」。
すべてが一点ものです。
あなたのお気に入りをみつけてみませんか?
vaho
「この商品を通して多くの人に幸せになって欲しいんだ」
と社長のホセとデザイナーのパトリシオは言います。

「廃材をリサイクルすることは地球環境にやさしいよね。
同時に仕事がない人たちに仕事を提供することで、
幸せになれる人が増えるでしょう?
たとえば、風雨にさらされた広告旗は洗浄作業が必要になるけど
この作業は知的障害者の施設に委託しているんだ。
縫製の作業は社会復帰プログラムの一助として
刑務所に依頼しているんだよ。
こういうストーリーを知ることで、
デザインや色、使い勝手の良さに喜びを感じながら
お客様はきっとカバンに愛情を持ってくれると思わないかい?」

そんな他者への愛情がいっぱいに詰まったバッグを
ぜひ日本のみなさまにも手にとっていただければ幸いです。